文字サイズの変更
標準
閉じる

個人情報の保護

プライバシーポリシー

1. 基本方針について

國立大學法人九州工業大學(以下「本學」という。)は、本學の學生及び卒業生その他本學の受験者等の個人情報の保護?管理の重要性から、次の方針に基づき、個人情報を取り扱います。

(1) 法令遵守

本學は、「獨立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」及び「行政手続における
特定の個人を識別するための番號の利用等に関する法律」をはじめとする関係法令を遵守し、
個人情報及び特定個人情報(以下「個人情報等」という。)を適切に取り扱います。

※個人情報とは、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別することができるものをいいます。
※特定個人情報とは、個人番號をその內容に含む個人情報をいいます。

(2) 個人情報等の収集?保管?廃棄

本學は、適法かつ公正な手段により,個人情報等を収集及び保管するとともに、不要になった個人情報等は速やかに廃棄します。

(3) 個人情報等の管理

本學は、個人情報等の漏えい、紛失、改ざんの防止その他の保有個人情報等の適切な管理のために必要な措置を講じます

(4) 個人情報等の開示等請求

本學は、本人から個人情報等の開示、訂正、利用停止の請求があった場合は、適切に対応します。

2. 収集する個人情報等の利用目的について

本學は、必要に応じて個人情報を収集する際には、その利用目的を明らかにし、収集した個人情報の使用範囲を目的達成のために必要な範囲に限定し、適切に取り扱います。
特定個人情報は、利用目的を特定し、本人の同意の有無に関わらず、利用目的の範囲を超えた利用はしません。

3. 第三者への提供について

個人情報は次に掲げるもののほか、本人の同意を得ないで第三者に提供することはありません。
また、法令等で限定的に明記された場合を除き、本人の同意の有無に関わらず、特定個人情報を第三者に提供しません。

1. 法令に基づいて個人情報を取扱う場合
2. 人の生命,身體又は財産の保護のため必要であり、本人の同意を得ることが困難な場合
3. 國?地方公共団體等に協力する必要がある場合
4. 在學生及び卒業生の個人情報について、大學が特に必要と認め、あらかじめ印刷物、掲示等により本人に周知した場合。

なお、本人から第三者への提供を停止するよう申し出があった場合は、速やかに対処する。

4. 同窓會への個人情報の提供について

在學生及び卒業生の個人情報を、學生支援活動円滑化等の目的で同窓會(明専會)へ提供します。
ただし、特定個人情報は提供しません。

個人情報保護法について

制度の概要

目的

個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防止すること

開示等対象情報

一定規模以上の體系的に整理された個人情報(本人の數が1000人以上である個人情報ファイル)であり、電子記録のみならず、行政文書に記録されている個人情報

本學が守るべき個人情報の適切な取扱い

?保有制限:個人情報の保有に當たっては、利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を保有してはならない
?利用目的の明示:本人から直接書面で個人情報を取得するときは利用目的を明示しなければならない
?利用提供の制限:原則として、利用目的以外の目的のために、保有している個人情報を利用?提供してはならない
?正確性の確保:利用目的の達成に必要な範囲で、保有している個人情報が過去又は現在の事実と合致するよう努めなければならない
?安全確保:漏洩等防止のための必要な処置を講じなければならない
?従事者の義務:業務に関して知りえた個人情報の內容を、みだりに他人に知らせたり、不當な目的に利用してはならない

本人(開示等請求者)関與

?開示請求:誰でも、本學が保有している自分の個人情報について、開示請求をすることができる。未成年者?成年被後見人の法定代理人は、本人に代わって請求する事ができる。訂正請求?利用停止請求についても同じ
?訂正請求:誰でも、開示を受けた個人情報について內容が事実ではないと思うときは、訂正請求ができる
?利用停止請求:誰でも、開示を受けた個人情報について不適法な取得、利用又は提供が行われていると思うときは、利用停止請求ができる
?不服申立て:「開示、訂正、利用停止」を拒否する決定に対して「不服申立て」を行うことができる

罰則 - 以下の行為を行った職員等に関する罰則

?コンピュータ処理されている個人データの漏洩
?不正な利益を図る目的での個人情報の提供又は濫用
?職務の用以外の用に供する目的で職権を濫用した個人の秘密の収集

  主體 対象情報 行為 量刑
第50條 獨立行政法人等の役員若しくは職員又はこれらの職にあった者
受託業務に従事している者又は従事していた者
個人の秘密に屬する事項が記録された電算処理ファイル(複製又は加工したものを含む) 正當な理由がないのに提供 2年以下の懲役又は100萬円以下の罰金
第51條 獨立行政法人等の役員若しくは職員又はこれらの職にあった者
受託業務に従事している者又は従事していた者
業務に関して知り得た保有個人情報(※1) 自己又は第三者の不正な利益(※2)を図る目的で提供又は盜用 ) 1年以下の懲役又は50萬円以下の罰金
第52條 獨立行政法人等の役員又は職員 個人の秘密に屬する事項が記録された文書、図畫又は電算処理ファイル (複製又は加工したものを含む) 職権を亂用して、専らその職務の用以外の用に供する目的で収集 1年以下の懲役又は50萬円以下の罰金

(※1)秘扱いであるないにかかわらない
(※2)渡した側が無償でも不可

學內関係規則

令和3年度「獨立行政法人等非識別加工情報」に関する提案の募集の公示


獨立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律第4章の2の規定による獨立行政法人等
非識別加工情報の提供に関する規則(平成29年個人情報保護委員會規則第2號)第3條第2項の
規定に基づき「獨立行政法人等非識別加工情報」に関する提案の募集を行います。詳細は以下の
提案募集要項をご確認ください。



個人情報ファイル簿

學生等個人情報の取扱い

個人情報の適正な取扱いのルール

九州工業大學(以下「本學」という。)では、大學が保有する受験生、在學生、卒業生?修了生、保証人などの個人情報を保護することが、個人のプライバシーの保護のみならず、大學の社會的責務であると考えます。
本學は、「獨立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」、その他関係法令、並びに本學が定める諸規定に基づき、個人情報を適正に取り扱います。
また、本學が保有する個人情報については、漏洩、滅失及び改ざんを防止するために、安全保護に必要な措置を講じます。

利用目的の明確化

本學では、大學管理運営、入學試験、教育研究、學生支援(福利厚生?生活指導?キャリア指導)、同窓會活動等、大學の運営に必要と認められる個人情報を、以下の利用目的のために収集します。
なお、本來の利用目的の範囲を超えて利用する場合には、本人からの同意を得るものとします。

【利用目的】

學內で利用するもの

?入學試験の実施、入學者選抜方法等を検討するため
?學生の學籍を管理するため
?學生証、各種証明書の発行のため
?授業料の納付、督促のため
?図書等の貸し出し?返卻等のため
?學內施設管理のため
?大學行事等案內のため
?卒業後の各種案內?照會のため
?授業関連事項の実施のため
?學術交流協定などによる交流目的のため
?學生の健康管理のため
?授業料免除?奨學金貸與等の目的のため
?學生生活相談等のため
?卒業後の進路に関する情報の管理のため
?學修狀況の分析や教育改善のため
?學內での任用される際の情報確認のため
?その他教育?研究?學生支援業務等、本學の運営の目的のため

學外に提供されるもの

〇學生に関する情報で、當該保証人等に提供されるもの
?保証人へ學費未納者の督促のため
?保証人へ成績に関する情報提供のため
?保証人との成績、履修等相談のため
?その他保証人への督促で、教育?研究?學生支援業務等、本學の運営の目的のため

〇同窓會(明専會)との協力協定に基づき、同窓會に提供されるもの
?同窓會名簿作成?同窓會からの各種案內等のため

〇法令等の規定に基づき、國その他公的機関に提供されるもの

個人情報の取得及び保有

個人情報の取得は、下記の方法で行います。

【取得方法】

1.入學試験時に取得するもの
2.入學手続時及び入學後に提出する書類により取得するもの
3.教育指導により取得するもの
4.授業の履修及び成績評価に伴い取得するもの
5.情報システムセキュリティ管理上取得するもの
6.學生健康診斷及び問診等により取得するもの
7.その他屆出により取得するもの

大學が付與する個人情報

本學では、學籍番號、コンピュータを使用する際のID及び仮パスワード、學生電子メールアドレスを、本學から自動的に付與しますので、これら個人情報の自己管理の重要性も充分ご認識ください。

利用方法

収集した個人情報は、利用目的に沿って適正に利用します。なお、學內において學生へ連絡のため、學內掲示板に學生番號?氏名を掲示することがあります。

第三者への個人情報の提供について

本學は、法律の定める例外(「獨立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」 第9條第2項第2號から第4號)の規定による時、及び本學が認める同窓會(明専會)、日本學生支援機構等、特定の第三者には、本人の同意なしに個人情報を提供することがあります。

學生に関する情報で、必要な範囲で特定第三者に提供されるもの

? 奨學金返還免除申請時に、醫師?市區町村長等に提供することがあります。
? 私費外國人留學生學習奨勵費支給に関し、日本學生支援機構に提供することがあります。
?學生教育研究災害傷害保険?學研災付帯賠償責任保険申請、インターンシップ?教職資格活動等賠償責任保険、外國人留學生向け學研災付帯學生生活総合保険及び學研災付帯海外留學保険申請に関し、日本國際教育支援協會に提供します。
? 奨學金貸與申請及び返還に関し、日本學生支援機構に提供します。
? 同窓會(明専會)
? 保証人

業務委託について、個人情報の処理又は管理を外部に委託する場合には、個人情報を適切に取り扱っていると認められる者に限定し、 かつ契約に際して法令及び本學の規程等の遵守を求めます。

また、法令に基づき、保有個人情報を個人が特定できないように加工したもの(獨立行政法人等非識別加工情報)を第三者へ提供することがあります。

個人情報の開示?訂正等

保有個人データの開示

本人から自己に関する保有個人データの開示の請求があった場合は、下記の各號に掲げるものを除き、速やかに開示します。

1.開示することが他の法令に違反することとなる場合
2.開示をすることにより、本人又は第三者の生命、身體、財産その他の権利を害するおそれがある場合
3.個人の指導、評価、診斷、選考等に関する保有個人データであって、開示をすることにより、當該指導、評価、診斷、選考等に著しい支障が生ずるおそれがある場合
4.開示をすることにより、大學の運営の適正な執行に支障が生じ、又は請求自體が大學の業務に著しい支障を生ずる場合

個人情報の訂正及び利用停止

學生、保証人の皆様は、個人情報の開示、訂正、追加、削除又は利用の停止を請求することができます。
また、本人から自己に関する個人データの訂正、 追加、削除又は利用の停止 (以下 「訂正等」という。 )の申し出があったときは、調査を行い、訂正等を必要とする場合は、遅滯なく訂正等を行います。

関連法令等

個人情報に関するお問合せ

総務課企畫総務係

E-Mail:
TEL : 093-884-3006 FAX : 093-884-3015


學長室より
工學部サテライトサイト
情報工學部サテライトサイト
生命體工學研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同參畫への取り組み
出前講義
障がいのある學生等への支援
災害への対応
九州工業大學基金サイト
明専會サイト
このページのトップへ
007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清