文字サイズの変更
標準
閉じる

「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大學の研究室へ~」を開催しました

更新日:2021.09.14

2021年8月7日、21日、22日の3日間、飯塚キャンパスラ-ニングアゴラ棟において、高校生を対象とした「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大學の研究室へ~」を開講し、59名(5講座合計)の高校生が受講しました。

このプログラムは、大學が「科研費」(KAKENHI)により行っている最先端の研究成果を、直に見る、聞く、ふれることで、科學のおもしろさを感じてもらうものです。

參加者は、講義や実習で研究現場を興味深く観察し、その成果に觸れ、科學の不思議や面白さを體験し、科學への探求心を高めるよい機會となりました。


8月7日(土)
 ● プログラム1:「生物の創るナノ世界探訪」(參加者16名)
講師:大學院情報工學研究院 物理情報工學研究系 安永卓生 教授
內容:コンピュ-タを使ったタンパク質の「かたち」を観る技術と実際に電子顕微鏡を使った実習とを共に経験しながら、普段観られない自然の姿を観察など


プログラム1:実習の様子

プログラム1:実習の様子


プログラム1:集合寫真

プログラム1:集合寫真


8月21日(土)
 ● プログラム2:「コンピュ-タで感染癥の薬を探そう!」(參加者14名)
講師:大學院情報工學研究院 生命化學情報工學研究系 青木俊介 教授
內容:疑似體験やシミュレ-ションを通して創薬について學び、特に、抗酸化合物デザインの革新、ビッグデ-タや人工知能の活用で創薬の薬剤耐性や創薬コスト問題がどのように解決できるか體験など


プログラム2:実習の様子

プログラム2:実習の様子


プログラム2:集合寫真

プログラム2:集合寫真


 ● プログラム3:「鳥のように空を飛ぶには」(參加者7名)
講師:大學院情報工學研究院 知的システム工學研究系 大竹博 準教授
內容:鳥がどのようにして飛ぶ力を得ているのか、飛行機やヘリコプタとの違いなどを、実習を交えながら體験など


プログラム3:実習の様子

プログラム3:実習の様子


プログラム3の様子2

プログラム3:集合寫真


8月22日(日)
 ● プログラム4:「超伝導體の不思議な世界」(參加者12名)
講師:大學院情報工學研究院 物理情報工學研究系 小田部荘司 教授
內容:極低溫の世界を體感。極低溫での超伝導體が磁石と同じように反発しあうけれども、ただ反発するだけではなく、安定し反発することを、磁気浮上実験によって體感など


プログラム4:実習の様子

プログラム4:実習の様子


プログラム4:集合寫真

プログラム4:集合寫真


 ● プログラム5:次世代音聲インタフェ-ス読唇技術の先取り(參加者10名)
講師:大學院情報工學研究院 知能情報工學研究系 齊藤剛史 教授
內容:聲を出せない人や騒音環境でも利用可能な次世代音聲インタフェ-スとして期待される読唇技術を紹介したり、他のコミュニケ-ション支援機器を體験するなど。


プログラム5:実習の様子

プログラム5:実習の様子


プログラム5:集合寫真

プログラム5:集合寫真


 ● 開講式
開講式では、平田耕一広報室長より、「ひらめき☆ときめきサイエンス」の趣旨やプログラムの案內など説明されました。


 ● 修了式
修了式では、安永卓生情報工學部長から受講生全員に『未來博士號』が授與され、今年も盛況のうちに終了しました。參加者によるアンケートでは、「研究室に興味がわいた。」「未知の體験ができておもしろかった。」「分かりやすく楽しく學ぶことができました。」「大學生にあって質問できてよかった。」などの感想が寄せられました。


開講式の様子

開講式の様子


修了式の様子

修了式の様子


學長室より
工學部サテライトサイト
情報工學部サテライトサイト
生命體工學研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同參畫への取り組み
出前講義
障がいのある學生等への支援
災害への対応
九州工業大學基金サイト
明専會サイト
このページのトップへ
007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清